フェイスリフトでアンチエイジングに成功

たるみが解消されてよかった!

30代からほうれい線が気になる・・・ / ついにフェイスリフトにチャレンジ / たるみが解消されてよかった!

ところがたるみの原因は皮膚の方面だけの問題ではなく、その下の真皮層がたるんでしまっている状況なので、効果は薄いとのこと。
傷跡が汚くなったり耳が逆に引っ張られてしまうなどのデメリットも気になります。
骨膜下リフトは、頭部を切開し顕微鏡を挿入して顔面の皮膚下まで到達して、深部から皮膚を引っ張りあげる方法です。
皮膚下から牽引するので効果が大きいのが確かですが、施術が大掛かりとなりダウンタイムも重くなる傾向があるそうです。
そこでSMAS法というフェイスリフトを選択することにきめました。
これは皮膚下組織にあるSMASという部分に焦点をあててひっぱるというものです。
皮膚のみリフトするより効果が確かで、骨膜下リフトほどの身体的負担はありません。
耳の付け根で切開するので、傷跡は髪の毛でも隠せるのでほとんど気になりません。
今ではすっかり肌のハリを取り戻し、たるみも引き締まったので施術をうけてよかったと心の底から思っています。